「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」に賛同し署名活動に取り組んでいます!

2015年11月28日 11時57分 | カテゴリー: 活動報告

 遺伝子組み換え作物の輸入が始まってから20年が経ちました。現在、日本の表示では、上位3品目(重量比5%以上)となっていることから、原材料のほとんどが遺伝子組み換え作物でもあっても、大半が対象外となっています。また、家畜の飼料に遺伝子組み換え作物が与えられていても、食肉への表示は対象外となっているため、私たちは何も知らないまま、日々大量の遺伝子組み換え食品を消費しているのです。一方、EU0.9%以上の混入、わずかな原材料であっても表示義務が求められています。

 今回のTPP(環太平洋経済連携協定)大筋合意により、米国の意向を受け、さらに遺伝子組み換え食品の輸入・増加、そして不十分な食品表示が進むことが危ぶまれます。神奈川ネットワーク運動・座間市民ネットでは、消費者の知る権利・選ぶ権利を求め「遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン」に賛同し署名活動に取り組んでいます。ぜひ、ご協力ください。

日本に輸入が許可されている遺伝子組み換え作物一覧

こちらから遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン 署名用紙ダウンロードできます。

問い合わせ 座間市民ネット事務所 Tel/Fax  046-252-4464

〒252-0024 座間市入谷4-1861-2澤善ビル2F 

神奈川ネットワーク運動・座間市民ネット